ストップ・花粉ガイド│春まで待てない花粉症対策は免疫がカギ

免疫を利用した対策

注射薬を使用する方法です

Nurse

花粉症対策の新たなアプローチとして、現在医療機関で試みられるようになっているのが、免疫治療です。花粉症は自己免疫が深く関わるアレルギー症状であるため、こういった免疫を利用した治療が一つの根本的な解決策として認識されている訳です。 医療機関では、注射薬などを使用して免疫治療を行なっていきます。スギ成分などを注射を用いて少量ずつ体内に注入することで、徐々に体をアレルゲンに慣れさせる方法です。こういった方法で花粉症対策を試みる方も現在では増えており、季節的に生じる悩みの解決が期待されています。このような免疫治療を行なう医療機関は、ホームページなどを通じて探すことが可能です。一般内科でも行っていることが多く、治療可能な場所は広がっています。

低価格で利用出来ます

注射による花粉症対策は、比較的リーズナブルな価格で利用することが出来ます。1回の治療につき、約500円程度が主流となっており医療費の負担も抑えられるのです。一般の抗アレルギー薬やステロイド剤などを複数服用する場合に比べても、免疫治療は低価格で済むことがあります。健康保険も適用されており、長期的な治療の場合にも、経済的な負担を抑えることが出来るのです。 花粉症対策は、意外にお金がかかることがあります。自宅で対策を講じる場合にも、市販の飲み薬や点鼻薬を使用しなければならないため、一定の負担がかかります。また、アレルギー対策で使用する健康茶やサプリメントなどの価格も意外に大きい負担となってくる訳です。