ストップ・花粉ガイド│春まで待てない花粉症対策は免疫がカギ

花粉症対策について

花粉症とは

Doctor

花粉症に悩まされている人は多くいるのです。 去年は症状はでていなかったのに、今年から突然花粉症に悩まされるようになることもあるのです。花粉の飛ぶ時期には花粉症対策に積極的に取り組むことが必要になるでしょう。 花粉症は花粉が目や鼻の粘膜に付くことで様々な症状がでてくるのです。鼻水、くしゃみ、鼻づまり、喉の痛み、咳、頭痛、顔のほてり、発熱、倦怠感などがあるでしょう。 人によって現れる症状が違ってくるのです。 風邪の時と似たような症状なので区別がつきにくいのですが、くしゃみが連続出る場合や鼻水がサラサラとしている場合は花粉症と判断していいでしょう。 花粉症対策として今日はどのくらいの花粉が飛んでいるかなどをスマホから教えてくれるサービスなども存在しているので毎日チェックしてみるのもいいでしょう。

花粉症対策に必要なこと

花粉症の人の80%はスギ花粉が原因になっているのが事実です。 スギ花粉は早ければ1月位から飛び始めて、春になると花粉症になるひとが増加する時期です。 スギ以外にもヒノキ、ネズ、シラカンバなどの花粉が飛ぶでしょう。 春の季節が過ぎても夏、秋、冬と一年中花粉は飛んでいるので油断はできないのです。 花粉症対策としてマスクやメガネをする、花粉のつきやすい服装は避ける、風の強い日には外出しないなどの方法があるのです。 花粉症を和らげる為に体の中から改善する方法として、レンコン、わさび、バナナ、玉ねぎ、ヨーグルトなどを積極的に摂ることもいいと言われているのです。 逆にトマト、辛いもの、メロン、チーズなどは花粉症を悪化させやすいと言われているので控えるといいでしょう。 しかし食事による症状の改善は、あくまでその場しのぎということもあるため、根本的な症状の改善には繋がりにくいです。そのため、花粉症があまりにひどい場合はすみやかに内科に通院することをお勧めします。根本的に体質を改善しなければ花粉症の克服にはつながらないので、まずは体質改善に効果的なアドバイスを受けましょう。